高知県四万十町・くぼかわ病院の「看護部」紹介です。

平成30年度 くぼかわ病院 病院指標

H30年 年齢階層別 月別 性別 退院患者数

平成30年度 在院期間別 診療科別 性別 退院患者数

地域別 診療科別 性別 退院患者数

救急搬入実績(平成26年度~30年度)

まとめ

年齢階級別退院患者数

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~
患者数 1 6 4 3 24
年齢区分 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 55 145 299 418 170

(DPC対象病棟から他病棟へ転棟した患者様も含みます。)
年齢は入院した時点での年齢で集計しています。
※入院後24時間以内に死亡した患者様は集計対象外です。

当院に入院している患者様は80歳代が一番多く、80歳代以上の患者様は全体の約5割を占めています。
また、70歳以上の患者様の割合が全体の約8割を占め、地域社会の高齢化を反映しています。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100380xxxxxxxx 体液量減少症 20 32.79 9.12 7.69 81.64
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。):内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術,定義副傷病なし 15 2.23 2.67 0.00 71.84
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎:手術なし,手術・処置等2なし,定義副傷病なし 9 33.43 20.92 8.51 85.74
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞:手術なし,手術・処置等1なし,手術・処置等2なし,定義副傷病なし - - 8.95 - -  
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上):ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 - - 4.96 - -  

平成30年4月~平成31年3月に退院された患者様を対象にDPCコードの上位5例を掲載しています。
在院日数は当院に入院した日から退院した日までの日数です。(DPC対象病棟以外も含む)

【外科】
 平成30年度の外科の最も多い症例は体液量減少症(脱水症)での入院で、気温が上昇する夏場に増える傾向があります。高齢で生活自立度が大きく低下した患者様も多いため、平均在院も32.79日と長くなっています。
次に多い疾患は、小腸大腸の良性疾患(大腸ポリープ)です。内視鏡での大腸ポリープ切除は将来の大腸がんの発生を少なくすることを目的としています。

内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎:手術なし,手術・処置等2なし,定義副傷病なし 38 33.43 20.92 8.51 85.74
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。):内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術,定義副傷病なし 29 2.23 2.67 0.00 71.84
050130xx99000x 心不全:手術なし,手術・処置等1なし,手術・処置等2なし,定義副傷病なし 24 25.13 17.66 4.17 89.63
100380xxxxxxxx 体液量減少症 16 32.79 9.12 7.69 81.64  
0400801499x001 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上):手術なし,手術・処置等2なし,定義副傷病なし,A-DROP スコア1 14 43.63 13.46 5.26 85.68  

【内科】
 平成30年度の内科の最も多い症例は、誤嚥性肺炎です。平均年齢は85.74歳と高く基礎疾患を持つ患者様も多いため、入院期間が長くなる傾向があります。
次に多い疾患は、小腸大腸の良性疾患(大腸ポリープ)で、内視鏡を使った切除術を行っています。

整形外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160690xx99xx0x
胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。):手術なし,定義副傷病なし
48 60.75 19.61 1.92 84.88
070230xx01xxxx
膝関節症(変形性を含む。):人工関節再置換術等
45 36.84
24.26
2.22 76.89
160800xx01xxxx
股関節・大腿近位の骨折:人工骨頭挿入術 肩、股等
32 82.65 26.3 11.76 85.82
070343xx01x0xx
脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎:脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 前方椎体固定等,手術・処置等2なし
28 44.18 21.39 0 70.96  
070350xx97xxxx
椎間板変性、ヘルニア:その他の手術あり
18 37.06 15.83 0 59.56  

【整形外科】
平成30年度の整形外科の最も多い症例は、胸椎、腰椎以下骨折損傷(腰椎圧迫骨折等)です。高齢の患者様が多いため、平均在院(入院期間)が長くなる傾向があります。
2番目、3番目に多い症例が膝関節症と股関節・大腿近位の骨折(変形性股関節症等)で、人工関節置換術等の手術を行っています。地域の高齢化に伴い、関節が変形し、歩行や日常生活が困難になっている患者様も増加しており、膝関節や股関節の人工関節置換術は、痛みの軽減や歩行能力の向上を目的としています。
4番目、5番目に多い症例が脊柱管狭窄と椎間板変性、ヘルニアです。脊柱管狭窄等では神経を圧迫し、腰や足の痛み、しびれ、筋力の低下等の症状が現れます。脊椎固定術、椎弓切除術等では神経を圧迫している部分を取り除き、人工骨等で固定等を行い、症状の軽減や改善を目的としています。

脳神経外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満):手術なし,手術・処置等1なし,手術・処置等2-2あり,定義副傷病なし,発症前Rankin Scale 0、1又は2 12 60.92 16.16 0.00 78.67
010160xx99x00x 小腸 パーキンソン病:手術なし,手術・処置等2なし,定義副傷病なし 8 53.33 17.67 0.00 79.33
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷:その他の手術あり,手術・処置等2なし,定義副傷病なし 5 28.00 9.69 0.00 83.67
010040x099000x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満):手術なし,手術・処置等1なし,手術・処置等2なし,定義副傷病なし - - 18.72 - -
010060x0990201 脳梗塞(脳卒中発症4日目以降又は無症候性、かつ、JCS10未満):手術なし,手術・処置等1なし,手術・処置等2-2あり,定義副傷病なし,発症前Rankin Scale 0、1又は2 - - 16.10 - -

【脳神経外科】
 平成30年度の脳神経外科の最も多い症例は、脳梗塞の入院です。当院では回復期リハビリテーション病棟を設けており、自立度の高い在宅復帰を目標にしているため全国の平均在院より長くなっています。
次に多い疾患は、パーキンソン病です。難病でもあり難しい症例ですが、病態に応じて投薬治療等を行い、在宅へ復帰できるよう支援しております。

泌尿器科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症:手術なし,定義副傷病なし 8 18.73 12.58 4.55 77.64
110310xx01xx0x 腎臓または尿路の感染症:経皮的腎(腎盂)瘻造設術等,定義副傷病なし 8 2.75 14.34 0.00 81.50
110080xx991x0x 前立腺の悪性腫瘍:手術なし,手術・処置等1-あり,定義副傷病なし 4 2.75 2.53 0.00 77.25
110070xx0200xx 膀胱腫瘍:膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術,手術・処置等1なし,手術・処置等2なし - - 7.20 - -
110080xx99000x 前立腺の悪性腫瘍:手術なし,手術・処置等1なし,手術・処置等2なし,定義副傷病なし - - 8.82 - -

【泌尿器科】
 平成30年度の泌尿器科の1番目、2番目に多い症例は、腎臓または尿路の感染症です。病状に応じてカテーテル治療等を行っています。
3番目に多い症例は前立腺の悪性腫瘍となっています。。

皮膚科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 12 12.92 8.98 0.00 71.69
080010xxxx0xxx 膿皮症:手術・処置等1なし 3 32.00 12.51 0.00 84.90
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外):皮膚悪性腫瘍切除術等,手術・処置等2なし 2 2.00.75 8.16 0.00 92.00
080250xx9700xx 褥瘡潰瘍:手術あり,手術・処置等1なし,手術・処置等2なし - - 26.69 - -
080100xxxx0xxx 薬疹、中毒疹:手術・処置等1なし - - 10.65 - -

【皮膚科】
 平成30年度の皮膚科の最も多い症例は、帯状疱疹です。投薬(点滴)等による治療を行っています。
2番目、3番目に多い症例が膿皮症(蜂窩織炎等)と皮膚の悪性腫瘍です。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I / Stage II / Stage III / Stage IV / 不明 - - -
胃癌   - /   - /   - /   - /   - - - -
大腸癌   - /   - /   - /   - /   - - - -
乳癌   - /   - /   - /   - /   - - - -
肺癌   - /   - /   - /   - /   - - - -
肝癌   - /   - /   - /   - /   - - - -

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

平成30年4月~平成31年3月に退院された患者様が対象です。
10件未満の項目は、-(ハイフン)で表示しています。

成人市中肺炎の重症度別患者数等

  患者数 平均在院日数 平均年齢
軽症 1 15.00 71.00
中等症 46 39.72 82.93
重症 9 36.56 88.33
超重症 9 31.89 81.67
不明 - - -

平成30年4月~平成31年3月に退院された患者様が対象です。
重症度は、日本呼吸器学会 成人市中肺炎診療ガイドラインにおける重症度分類(A-DROP分類)を用いています。
在院日数は当院に入院した日から退院した日までの日数です。(DPC対象病棟以外も含む)

≪A-DROP分類≫
Age : 男性70歳以上・女性75歳以上
Dehydration : BUN21mg/dl以上または脱水あり
Respiration : SpO2 90%以下またはPaO2 60Torr以下
Orientation : 意識障害あり
Pressure : 収縮期血圧90mmHg以下

≪重症度≫
軽症:上記5つのいずれも満たさない
中等症:上記1つまたは2つを有する
重症:上記3つを有する
超重症:上記4つまたは5つを有する
不明:上記の項目のうち1つでも不明であったもの
※意識障害(ショック状態)であれば1項目でも超重症とする

当院では中等症の割合が最も多くなっています。

脳梗塞の患者数等

発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 25 67.76 81.76 0.00
その他 13 80.31 84.15 7.69

平成30年4月~平成31年3月に退院された患者様が対象です。
在院日数は当院に入院した日から退院した日までの日数です。(DPC対象病棟以外も含む)

当院では約65%の患者様が発症から3日以内に治療を開始しています。
また、回復期リハビリテーション病棟を設けており、積極的なリハビリ介入によって在宅復帰を支援しております。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 13 0.00 1.54 0.00 70.20
K610-3 内シャント設置術 10 20.20 44.50 0.00 79.10
K6335 鼠径ヘルニア手術 6 0.83 14.67 16.67 78.50
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 - - - - -
K386 気管切開術 - - - - -

平成30年4月~平成31年3月に退院された患者様が対象です。
手術方式の点数表コード(Kコード)によって集計しています。

【外科】
 平成30年度の外科の最も多い手術症例は、内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術です。切除後の出血に対応するため、1泊入院をして頂いております。
※症状により入院期間が長くなることがございます。
2番目に多い手術症例は内シャント設置術で、透析用のシャント(人工的な血液回路)を造る手術を行っています。
3番目に多い手術症例は鼠径ヘルニア手術で、腸管の一部が突出した状態を治療する手術を行っています。

内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 22 0.00 1.54 0.00 70.20
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみ) 2 1.00 10.00 0.00 76.00
K654 内視鏡的消化管止血術 2 0.83 5.50 0.00 69.00
K386 気管切開術 - - - - -
K0021 デブリードマン(100cm2未満) - - - - -

【内科】
 平成30年度の内科の最も多い手術症例は、内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術です。切除後の出血に対応するため、1泊入院をして頂いております。
※症状により入院期間が長くなることがございます。
2番目に多い手術症例は内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみ)で、内視鏡下で十二指腸乳頭部を切開することにより、結石を排出させます。
3番目に多い手術症例は内視鏡的消化管止血術で、消化管の出血部位に対して早期に止血し、再出血による危険を少なくします。

整形外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術 57 2.18 39.89 1.75 76.72
K1423 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(後方椎体固定) 29 4.76 43.72 0.00 70.59
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓形成) 28 2.21 39.14 3.57 71.36
K0461 骨折観血的手術 27 1.85 81.33 11.11 86.78
K1425 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓切除) 13 2.46 27.62 7.69 72.00

【整形外科】
 平成30年度の整形外科の最も多い手術症例は、人工関節置換術です。地域の高齢化に伴い、関節が変形し、歩行や日常生活が困難になっている患者様も増加しており、膝関節や股関節の人工関節置換術は、痛みの軽減や歩行能力の向上を目的としています。
また、整形外科では、脊柱管狭窄等に対して行う脊椎固定術、椎弓切除術等を多く行っています。脊柱管狭窄等では神経を圧迫し、腰や足の痛み、しびれ、筋力の低下等の症状が現れます。脊椎固定術、椎弓切除術等では神経を圧迫している部分を取り除き、人工骨等で固定等を行い、症状の軽減や改善を目的としています。
※脊椎固定術、椎弓切除術等は手術の方法によって集計が分かれるため、すべて合わせると整形外科で最も多い手術となります。
骨折観血的手術では、転倒などをきっかけに大腿骨転子部等を骨折されている高齢の患者様が多いため、術後日数(入院期間)が長くなる傾向があります。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
180010 異なる - -
播種性血管内凝固症候群 同一 - -
180035 異なる - -
播種性血管内凝固症候群 同一 - -
180040 異なる - -
播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる

平成30年4月~平成31年3月に退院された患者様が対象です。
10件未満の項目は、-(ハイフン)で表示しています。

更新履歴 2019/9/24 病院情報を公表しました。

ページ上部へ